抑毛効果のある食べ物や化粧水

 

体毛が濃いとお悩みの方は実は多いのではないのでしょうか?
いつの間にか濃くなっていた、なんだか最近濃い気がする。
そんな方へ、今回は抑毛に効果があると言われている食べ物や化粧水をご紹介します。

 

そもそも体毛が濃くなってしまうのはなぜ?

そもそもなぜ体毛が濃くなってしまうかといえば、体内のホルモンが関係しています。
男女の性別にかかわらず、人は男性ホルモン、女性ホルモンの両方を持っていますが、
男性ホルモンの分泌量が多いと体毛が濃くなってしまうのです。

 

一方女性ホルモンが増えると、体毛は薄くなる傾向にあります。
ホルモンの分泌は、生活習慣や、ストレスなどの影響を受けています。

 

食生活も例外ではありません。
そのため、食べるものを意識して選ぶことで、体毛を薄くできる可能性があります。

 

抑毛効果のある食べ物は?

ではどういった食べ物が抑毛に効果的なのでしょうか。
具体的な食べ物を挙げながら、解説していきましょう。

 

低GI食品

GIとは、「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)」の略称で、
その食品を摂取した場合、食後、血糖値がどれだけ上がるか、というのを示すものです。
要するに、GI値が高いほど血糖値が上がり、低いほど上がりにくい、ということです。

 

なぜ血糖値と抑毛が関係しているかというと、血糖値が上がる際に多く分泌されるインシュリンが、
男性ホルモンの分泌を促進してしまう
からなのです。
そのため、低GI食品を選んで食べるとよい、ということになります。

 

GI値が低い食べ物というと、主食なら玄米やそば、パスタなど、
野菜ならほうれん草やレタス、もやし、かぶや大根、さつまいも、
魚介類であれば、ししゃも、あさり、まぐろ、あじ、ひじきなどです。

 

大豆イソフラボン含有食品

もうひとつおすすめなのが、大豆イソフラボンを含む食品です。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることで有名です。

 

なので大豆イソフラボンを含む食品をとると、体毛を薄くしてくれる女性ホルモンを増やし、
体毛を増やしてしまう男性ホルモンを抑制してくれるのです。

 

大豆イソフラボンはその名の通り、大豆に含まれているので、大豆を多くとりましょう。
大豆そのままでもいいですが、大豆を加工した大豆食品の方がとりやすいかと思います。
大豆食品は、豆腐や納豆、豆乳など、バリエーションが豊富なので、毎日飽きずにとることができるかと思います。

 

逆に避けるべき食べ物は?

抑毛に効果がある食べ物があるということは、抑毛の邪魔をする、体毛を濃くしてしまう食べ物もあるということです。
体毛を濃くする原因である男性ホルモン。
男性ホルモンを増やしてしまう食べ物をいくつか挙げますので、避けるようにしましょう。

 

高GI食品

さきほどの「抑毛効果のある食べ物は?」で紹介しました通り、GI値の高い食品は要注意です。
玄米はGI値が低いとお伝えしましたが、白米はGI値が高い食べ物に入ります。
なので、毎日の白米を玄米に替えてみるのはいかがでしょうか。
ほかにも、じゃがいも、にんじんなどはGI値が高くなっています。

 

また、GI値というのは、食品に含まれている糖質の量の他、消化しやすさも関係しています。
消化しやすいほど高くなってしまうので、例えば同じ果物でも、ジュースにせず、そのまま食べたほうがGI値は低くなります。

 

食べ物の組み合わせでもGI値は変わってくるので、もしGI値が高いものを食べたい、という時には、
GI値が低いものと一緒に取るなど工夫するとよいでしょう。

 

牛、豚、鶏など種類を問わず、肉は動物性たんぱく質を多く含んでいます。
動物性のたんぱく質は、男性ホルモンを多く作ってしまうので、注意が必要です。

 

香味野菜

にんにくやニラ、ねぎなど香りの強い野菜、香味野菜には、アリシンという成分を多く含んでいます。
アリシンには、男性ホルモンを強く働かせてしまう効果があるので、なるべく避けた方がよいでしょう。

 

抑毛効果のある化粧水も?

ここまで、抑毛効果がある食品についてみてきましたが、抑毛効果があると謳っている化粧水もあるようです。最後にいくつか紹介しますので、食品とあわせてチェックしてみてください。

 

シーズンズ アフターケアトリートメント(明色化粧品)

黄色いパッケージが目を引く、抑毛ローションです。
ソフトタイプとハードタイプがありますが、ハードタイプの方が人気のようです。

 

イソフラボンを多く含む、プエラリアミリフィカエキスを配合しているので、抑毛効果が期待できます。
また、パイナップル酵素とザクロエキスのおかげで、肌をきれいに整えてくれます。
除毛や脱毛を繰り返して傷んだ肌にうれしいですね。

 

パイナップル豆乳ローション(鈴木ハーブ)

繰り返し塗っているうちに、除毛処理が減っていくと評判の化粧水です。
白いパッケージには、パイナップルのイラストが描かれています。

 

大豆、アイリスに由来するイソフラボンが配合されています。
ザクロエキスも含まれているので、美肌も期待できます。
普通の化粧水と同じように使うことができるので、洗い流すなどの面倒がありません。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
体毛が濃くなってしまう理由、抑毛効果のある食べ物や化粧水について、少しでも得るものがあったなら幸いです。
ただし、今回紹介した食品や化粧品だけで、体毛を薄くしたり、なくしたりすることは難しいでしょう。
あまりに濃くて悩んでいる場合は、エステや医療機関での脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。
また、特定の食べ物ばかりを過剰に摂取するのは体によくありません。バランスを考えてとるようにしましょう。

関連ページ

これが決め手!全身脱毛サロンを選ぶ基準
全身脱毛サロンを選ぶ際の基準について説明します。
効果ある?ハイパースキン脱毛の5つのメリット!
痛くないのに効果が高い脱毛法として注目されているハイパースキン脱毛。本当に脱毛効果を得られるのでしょうか?
トラブルを防ごう!ハイパースキン脱毛の注意点
肌に負担のかからないハイパースキン脱毛でも注意点を守らなければトラブルに発展する可能性もあります。
アトピー肌にハイパースキン脱毛は大丈夫?
アトピー肌の方でも脱毛施術を受ける脱毛方法があるのです。それがハイパースキン脱毛です。
脱毛サロン選び※注目すべき3つのポイント
脱毛サロンを選ぶ際の3つのポイントについて説明します。