トラブルを防ごう!ハイパースキン脱毛の注意点

ハイパースキン脱毛は、今までのフラッシュやニードル、レーザー脱毛とは違い、
比較的低い温度のフラッシュを用いた脱毛方法なので、
痛みもなく安全な脱毛方法として知られています。

 

38℃程度の比較的低い温度のフラッシュでの脱毛は、
方法が今までとは違うため効果も高く好評で話題になっています。

 

しかし、注意点を守らなければトラブルに発展する可能性もあります。
ここでは、ハイパースキン脱毛のトラブルを防止するための注意点をご紹介します。

 

肌の状態をチェックしておこう!

 

肌への負担も少なく、フォトフェイシャルをしたかのような美肌効果も期待出来るハイパースキン脱毛ですが、
肌の状態によっては、脱毛を控えた方が良いこともあります。

  • アトピーで炎症を起こしている
  • 肌荒れで炎症を起こしている
  • 日焼けで炎症を起こしている

例えば、このような要因で肌の状態が悪い時にハイパースキン脱毛をすると、余計に症状が悪化する可能性があります。

 

炎症を起こして赤くなっていたり、痛みが伴う場合は、脱毛を控えましょう。
アトピーでもハイパースキン脱毛はできると言われていますが、
炎症がひどく、化膿している場合は当然施術はできません。

 

自己処理はカミソリだけにする

脱毛前にも、自己処理にて脱毛をすると思いますが、カミソリで優しく剃る程度にしておきましょう。
毛抜きやワックス、クリームで脱毛をすると、発毛期の毛がわかりにくくなる上に、肌荒れを起こす可能性もあります。

 

脱毛前も、ムダ毛が気になると思いますが、カミソリで優しく自己処理する程度にしておきましょう。
また、生理前は肌が敏感で荒れやすいので、なるべく脱毛は避けた方がいいかもしれません。

 

持病があるなら医師に相談を

現在、何らかの病気で通院している、持病があるという人は、
脱毛前にかかりつけの医師に相談をしておきましょう。

 

脱毛と病気は関係ないと思っていても、
念のために医師に相談しておいた方が良いでしょう。

 

薬を飲んでいたり、ペースメーカーをつけている場合は特に注意が必要です。


施術できない箇所を知っておこう!

 

安全な脱毛法だからといって、どこでも脱毛が出来るわけではありません。

 

施術前にも説明があると思いますが、下記は施術できません。

  • 刺青が入っている部分
  • アザがある場所
  • 大きなホクロがある部分
  • 目の周り
  • 唇や乳首など

 

このような注意点を守って、安全なハイパースキン脱毛でトラブルが起こらないように心がけましょう。

関連ページ

これが決め手!全身脱毛サロンを選ぶ基準
全身脱毛サロンを選ぶ際の基準について説明します。
効果ある?ハイパースキン脱毛の5つのメリット!
痛くないのに効果が高い脱毛法として注目されているハイパースキン脱毛。本当に脱毛効果を得られるのでしょうか?
アトピー肌にハイパースキン脱毛は大丈夫?
アトピー肌の方でも脱毛施術を受ける脱毛方法があるのです。それがハイパースキン脱毛です。
脱毛サロン選び※注目すべき3つのポイント
脱毛サロンを選ぶ際の3つのポイントについて説明します。
脱毛する前にチェック!抑毛効果のある食べ物や化粧水
最近体毛が濃くなってきたような気がする。脱毛しようかと実行する前に、まずは、抑毛効果のある食べ物や化粧水をチェックしてみましょう。